時に、初春の令月にして、気淑く風和らぎー令和を感じるー

2020.03.07 Saturday 05:28
0

    JUGEMテーマ:自己実現

     

    おはようございます!

    本日も、ご訪問ありがとうございます。

     

    今回は、「令和」について。

     

    昨年5月1日から、新しい時代「令和」が始まりました。

    4月に元号が発表され、令和が万葉集からの引用であること、

    beautiful harmonyを意味する言葉であることなどが話題になりました。

     

    ちなみに、先日話題にした「アンビグラム」

    http://kotoji225.jugem.jp/?eid=38

    に関心を持ち始めたのも、

    野村一晟(のむらいっせい)さんの「平成」を逆さにした「令和」が話題になったときからでした。

     

    ところで「令和」は、

    「于時、初春月、氣淑風、梅披鏡前之粉、蘭薫珮後之香。」

    (意味はググってみてくださいね)

    というところからのものですが、

    令和になって初めての「梅の花の咲く頃の初春」を迎えたのだな、としみじみ思います。

     

    コロナウィルスの問題、その他社会問題、

    仕事上抱えている問題、プライベートでの問題、

    いろいろなことで、あまり考えたことがなかったけど、ふとそんなことに気づきました。

     

    やはり忙しい時こそ、心の余裕が必要だなと、改めて思った次第です。

    これを機に、心の「美しい調和」を持ちたいと改めて思うようになりました。

     

    本日もよい1日を!

    category:総論 | by:コートジ灯籠comments(0) | -
    Comment