逆境は飛躍のチャンスー落ちたときこそリバウンド幅は大きいー

2020.02.16 Sunday 05:15
0

    JUGEMテーマ:経済全般

     

    おはようございます!

    本日も、ご訪問ありがとうございます。

     

    今回は、逆境が成長を促すという話。

     

    日本は石油や鉄鉱石といった天然資源がほとんどない貧しい国にも関わらず、豊かになった国だとやや自己賛美的に過去の高度経済成長をとらえてきたことがある。もともと貧しい国なのに、日本人が勤勉に労働することにより、貧しさを克服したのだと。

     

    そのロジック自体は誤りはないと思われる。ところが、実際のところは中長期的な視野で見た場合、日本に限らず世界には資源に恵まれていない国のほうが健全な発展を遂げた国が多いようである。資源の豊かな国が、資源が乏しく他国を征服するために軍事力を強化してきた国に蹂躙されたり、強国同士の争いに巻き込まれたりすることは歴史上よくある話である。

     

    このような事象は現代でも当てはまるだろう。例えば、現在の日本において少子高齢化や、先進国の中での低い生産性などが大きな問題となっている。今のまま進めば、日本経済は先細りしていくと言われるが、裏を返せば、これらの状況は、日本の構造を変革させる大きなチャンスにもなる。

     

    また、逆境が大きければ大きいほど、それがリバウンドした場合の成長率もまた大きくなる。つまり、高い潜在性を有するとも言える。現在の問題に悲観するのではなく、そこには大きな飛翔のチャンスがあるものとしてとらえていきたい。

     

    本日も良い1日を!

    category:日本経済 | by:コートジ灯籠comments(0) | -

    スポンサーサイト

    2020.06.02 Tuesday 05:15
    0
      category:- | by:スポンサードリンク | - | -
      Comment