【所要2分-】未来へのポストカード―ベナンに届け、新たな出逢いを乗せて!―

2020.07.31 Friday 04:58
0

    JUGEMテーマ:自己実現

    JUGEMテーマ:つながる幸せ

     

     

    おはようございます!

    本日も、ご訪問ありがとうございます。

     

    今回は、西アフリカのベナンで活躍している川口莉穂さんの紹介です。

    まず、今回の要約である、ポストカードを紹介します。

    (大意:縦の糸と横の糸を織りなすことで布になる。鮮やかな藍色の1つ1つ花柄がその布に彩りを与えている。)

     

    投稿を最後まで読んでいただくと、より深い意味がわかるようになります。

     

     

    川口莉穂さんは横浜出身。高校生の時、タイに交換留学。国際協力に興味を覚え、大学卒業後は青年海外協力隊としてベナンに赴任します。

     

    ∴淑罎気鵑稜っ呂魯戰淵鵑虜蚤臈垰團灰肇婿圓卜拈椶垢襯ΕД畍のアジョウン市。活動を通じ、大切なパートナーに出逢う、アフリカ布に出逢う、貧しい仕立て人達に出逢う。何かできないか?日本で売れる浴衣だ!やってみたら、けっこう売れた。そこで、アトリエを作った。それが、現地語で「愛しい人」を意味する「シェリーココ」でした。

     

    協力隊の任期が終わってもベナンと縁を切れない莉穂さんは、シェリーココを法人化。その後も試行錯誤の連続です。まだ需要は小さいから、間口を広げたい。季節ものでない、通年の需要がある製品が必要だ。そして生まれたアフリカ布のエプロン、ネクタイ、ポーチ・・・シェリーココの拡大に伴い、ベニノワ(ベナン人)達の夢も膨らみます。

     

    もっと雇用を創るには布製品だけでは限界だ。そうだ、アフリカ布のデザインで他の製品も作ろう!あれ、著作権の問題はないのかな?わからない。じゃあ、自分のデザインを作ろう!ん?日本で製作、販売したらベナンが関わらない!どうしたらベナンに裨益するのだろう?

     

    そんな時に、ベナンで活動するもう一人の日本人女性に出会います。英語教師をしているが、そもそも学校に通えない子供が多く、そんな子供たちも支援したい。生まれた環境に関係なく自分の夢を実現できるような世界を作りたい!

     

    こうして生まれたするクラウドファンディング。そして、売り上げでの就学支援。

    https://readyfor.jp/projects/cheriecoco-benin-kids

    募集は8月16日までです。

    グッズが売れれば、子供たちが学校に行ける。デザインが認知されれば、布製品の売り上げも、雇用も増える。多くの人が幸せになる。そんな夢の詰まったプロジェクト。

     

     

    シェリーココのビジョンは、『出逢いは私を彩る』。莉穂さんの人生そのもの。

     

    ベナンに出会って、人生が彩られた莉穂さん、

    シェリーココに出会って、人生が彩られたベニノワと日本人たち、

    そして、学校に通うベナンの子供たちは、これから何に出会うのでしょうか?

     

    私には見えます。

    数年後、アジョウンのアトリエで、試行錯誤しているベニノワ達の姿が。

    彼らは、悩みながらも必死に考えています。新しい製品と、自分達の人生のデザインを!

     

     

     

    最後までお読みいただき、ありがとうございました!

    ぜひ冒頭のポストカードを見直してください。新しい発見があるでしょう。

     

    未来へのポストカード。

    その届く先にも、新たな出逢いがあることを願って。

     

    本日もよい1日を!

     

     

    (関連リンク)

    【所要2分-】短冊に思いを込めて―シエラレオネに届け!この思い―

    http://kotoji225.jugem.jp/?day=20200710

    category:西アフリカ | by:コートジ灯籠comments(0) | -

    【所要2分-】短冊に思いを込めて―シエラレオネに届け!この思い―

    2020.07.10 Friday 04:19
    0

      JUGEMテーマ:自己実現

      JUGEMテーマ:つながる幸せ

       

      おはようございます!

      本日も、ご訪問ありがとうございます。

       

      今回は、西アフリカの小国、シエラレオネで活躍している下里夢美さんの紹介です。

       

      まず、今回の要約である、先日の七夕で願いを込めて私が作成した「短冊」を紹介します。

      (大意:この小さな村には、土地間の隔たりも、命の格差もあってはならない。夢を持ち、志を立てている村民一人ひとりの人生が同等に価値あるものであってほしい。)

       

      投稿を最後まで読んでいただくと、より深い意味がわかるようになります。

       

      ここから先は基本的に下里夢美さんご本人ブログのプロフィール(https://yumemi-blog.com/profile)の内容を要約・抜粋しています。(カッコ内は私の感想です)

       

      下里さんは山梨県生まれ。自然に囲まれた環境で、母子家庭に育ちました。

       

      々盥酸犬里箸に、TV番組「世界がもし100人の村だったら」で、世界の最貧国の1つであるシエラレオネで、内戦により両親が殺害された少年「アラジ君」に出会います。そんなアラジ君が一番望んでいること、それは「勉強がしたい」!

      この衝撃が忘れられず、国際協力が専攻できる大学に進学します。

      (ここまでは、よくありそうなお話ですね)

       

      ⊆称「意識高い系大学生ではまったくなかった」下里さんは、1年生のときに(シエラレオネはないので)同様に貧しいバングラデシュに行き、現地で活動するNGO視察を経験します。その後も国内のNPOで働き、資金集めの方法について学習し、また偶然の出会いも重なり、卒業の2014年3月にはシエラレオネで支援活動を行う任意団体「夢支援NGOアラジ」を創設します。

      (私目線では、「十分意識高い大学生」にも思えますが・・・)

       

      B膤愨感噺紂■隠娃伊円以上の借金もしてシエラレオネに5回も渡航。悪戦苦闘を繰り返しつつも、仕立て屋生活向上支援・災害孤児支援・小学校支援などを行い、また現地法人を開設し、さらに日本人宿を経営するようになりました。

      (すごい!まだ平成一時代の長さもない人生の中で、これほどのことができるなんて・・・)

       

      下里さんは、現在2児の母です。また、シエラレオネでも蔓延している新型コロナウィルスから人々を守るために、先日クラウドファンディングを立ち上げました。現地で仕立て製作したマスクを、現地の最貧層を優先して配る計画です。

      https://readyfor.jp/projects/sierraleonemaskproject

      募集は来月3日までです。期限までに130万円が集まらないとゼロになるそうです。

       

      ・・・でも、下里さんの挑戦はここからさらに約40年続きます。今はまだ駆け出し。

       

      最後に、これほどまでに挑戦し続けてやまない下里さんの思いを引用します。

      「私は、アニメや漫画が大好きなのですが、「プラネテス」という一番好きなアニメがあります。・・・その中で、「地球と宇宙の境目はどこだと思う?」という投げかけがあるんです。

      ・・・「境目はないんだ」っていうのが答えでした。・・・すべてはつながっていて、どんなに遠くにいても、長い間旅をしても。宇宙から地球を見ると国境なんてないんだ。世界は一つなんだって。」

       

      最後までお読みいただき、ありがとうございました!

      ぜひ冒頭の短冊を読み返してみてください。新しい発見があるでしょう。

       

      短冊に思いを込めて。

      私の思いもまた、届いてほしい!

       

      本日もよい1日を!

       

       

       

      (関連リンク)

      【所要2分-】未来へのポストカード―ベナンに届け、新たな出逢いを乗せて!―

      http://kotoji225.jugem.jp/?eid=219

      category:西アフリカ | by:コートジ灯籠comments(0) | -

      アフリカの学習―コジマ先生の地図がわかりやすい!―

      2020.05.26 Tuesday 04:41
      0

        JUGEMテーマ:地域/ローカル

         

        おはようございます!

        本日も、ご訪問ありがとうございます。

         

        今回は、アフリカ学習について。

         

        アフリカは「最後のフロンティア」と呼ばれることがあります。未知なる部分がまだ多く、また潜在的な成長の可能性が強く残っている地域です。とりわけ、今後の人口増加や経済成長が世界の他の地域よりも顕著に伸びることが予想されています。私もまた、最近の発展が著しい西アフリカに特に注目しております。

         

        そのようなアフリカについて、私が個人的に勉強させていただいている1人を(勝手に)紹介させていただきます。コジマ先生です。元教員の経験や青年海外協力隊としてナミビアに派遣されたこと等を通して、複雑なアフリカについて非常にわかりやすく解説されています。

         

        私は、今年の4月頃からアップロードされたYouTube動画で主に学習させていただいています。現在は、アフリカの54か国を、略式の地図を書きながら覚える動画が配信されています。最近、アフリカ西部についてアップがされていました。

        https://www.youtube.com/watch?v=M1AJfy3fBU8

         

        個人的な印象を申し上げますと、

        |録泙僚颪方がシンプルで非常にわかりやすい!

        国名だけでなく、特徴づけもなされていて覚えやすい!

        視覚と知識で学ぶので、覚えやすく(忘れても)思い出しやすい!

         

        ということで、アフリカを初めて学習するには非常にうってつけです。なお、私が現在見ているのはYouTube動画だけですが、ブログやZoomによるオンラインビデオサービスも行われているようです。

         

        今後とも、どんな内容が配信されるのか楽しみにしています。

         

        本日もよい1日を!

        category:西アフリカ | by:コートジ灯籠comments(0) | -